床に座って足を伸ばした状態のストレッチを紹介しましたが、これはお風呂の中でも有効です。温まった水の中でのことですから、部屋の中で行うストレッチよりも効き目があり、なおかつ浮力があるために負担も少ないままストレッチを行うことができます。ゆっくり湯船に入る時間ができたら、浴槽の中でのストレッチもぜひ行ってみてください。お風呂で行うのに良いストレッチを簡単にいくつか紹介いたします。

 
・姿勢をよくします。
浴槽の壁は、傾斜がついていることもあるでしょうが、まっすぐにはかわりないかと思います。押し付けるように背中を付けてみましょう。ふだん背中を曲げていることが多い人は、それだけで背筋が伸びて気持ちが良いと思います。この時に意識することは背筋(背中の筋肉、背骨)が伸びているかどうかです。

・片膝を抱えて、太ももからお尻にかけてを伸ばします。
座った状態でのストレッチでも紹介しました。背筋は伸ばして、片方の膝を胸の高さにまで持ち上げます。両手で支えます。お尻は確り座ったままです。まっすぐに座っていると、背筋も伸びますし、太ももの裏からお尻にかけてまっすぐ伸びる感覚が掴めるでしょう。

・背筋を伸ばします。
上体を倒して背筋を伸ばしてみましょう。
今度は両膝を同時に曲げます。膝に胸を押し付けるように状態を倒します。意識するのは背筋(背中)が伸びているかどうかです。