沖縄県の強豪

| 未分類 |

基本的に足腰が強く、運動能力の高い選手の多い沖縄県勢は地元の声援も多いことも当然だが全国の熱い応援もあり毎年注目されています。

沖縄尚学
99年春に沖縄悲願の全国制覇を達成。そのさわやかな戦いぶりは優勝という結果とともにファンに好印象を与えた。沖縄尚学のモットーは「文武両道」でスポーツの成果も進学の成果も共にあげている学校です。

興南
沖縄勢が今のように全国的な強豪になる前から沖縄の野球をひっぱてきたリーダー校。その闘いぶりは甲子園ファンを惹きつけてやまない。

中部南
生涯スポーツ科によって積極的な部活動推進が活性剤となっている学校で、監督はもともと身体能力の高い選手を適正に見出しており、パワーやバネをつけるトレーニングを実践している。選手のパワーに応じたスイングで素振りをさせたり、独自の工夫が随所に見られます。

宜野座
21世紀適用第1号として初出場ながらベスト4に輝いた話題の学校。楽しそうに伸び伸びとプレーする選手の姿は多くのファンから好印象をもたれています。
地元での注目度が高野球部にたいする期待も大きいです。

沖縄水産
強い沖縄と印象づけた二度の準優勝をもたらした伝統校。近年甲子園出場が遠ざかってはいるものの出場すれば上位の常連であることには変わりなく地元から愛されるチームです。