九州の強豪高

| 未分類 |

新鋭校の躍進が一番盛んな地域で、各県の勢力図画毎年大きく変動します。
その中でも比較的安定しているのが熊本と鹿児島です。

熊本工(熊本県)
強豪ひしめく九州でも屈指の伝統校として君臨している学校。主なOBとしては川上哲治、吉原正喜、緒方耕一、荒木雅博とプロ野球で活躍した選手も多い。にも関わらずまだ全国制覇を成し遂げていないのが不思議です。それでも名門校として多くのファンに支えられ人気の高い高校です。

樟南(鹿児島県)
甲子園常連校だけに非常にレベルが高く、高度な技術やセンスが身についている。
レギュラー争いが壮絶な中、精神的にも強い選手が本番での勝負強さを発揮している。いずれ全国制覇する日も近いといわれるほどの実力です。

日南学園(宮崎県)
快速右腕・寺原投手の活躍で一躍全国区になった学校。選手は県内を含む九州全体からと関西からも集まってきているので積極的に県外からの受け入れもされています。

鹿児島実業(鹿児島県)
鹿児島に初めて優勝をもたらした名門校で、ここ十年は樟南と毎年甲子園出場争い絵お繰り広げています。甲子園での安定した強さにも定評があり、ファンも多い。

明豊 (大分県)
九州全体から野球少年が集まる中高一貫、有力校。楽しむ野球でいきなりベスト8という実績も作っています。グラウンドなどの設備はOBの城島選手がプロ野球選手になるためにこの学校を選んだというほど充実しています。