四国の強豪高

| 未分類 |

全国でもトップレベルの高校が各県でリードしているというのが四国地方の特徴です。

明徳義塾(高知県)
中高一貫教育で全寮制、野球に限らず全校的な傾向として県外からの生徒を多く受け入れています。高校からの入学者には関西ボーイズリーグ出身者が多く、県外からの優秀な選手を獲得してチームの強化をはかっている学校です。

尽誠学園 (香川県)
関西のボーイズリーグなどレベルの高い生徒が多く入学するようになってからチームのレベルが上がってきた学校です。実績を上げていくうちに「香川に尽誠学園あり」といわれるようになっていった。洗練された細やかな野球をする印象でパワーだけに頼らない機密な野球ができる。

鳴門工(徳島県)
市立の学校で、地域に根ざしている学校で地元では人気高です。100人前後の野球部員の団結もよく、チームには活気が溢れています。鳴門工の活躍は四国全体の高校野球に先鞭をつけるフロンティアとして期待も高まっています。

徳島商(徳島県)
県内屈指の古豪で鳴門工と常に競い合ってる状態です。基本に忠実な野球をモットーとしており、投手を中心とした守備の野球が印象的です。一球を大切にする指導がされています。

済美(愛媛県)
創部二年で全国制覇を成し遂げた注目高校。もともとは女子高であったが野球部の存在は共学の象徴とされ強化されていった。
当時は関係者の予想を上回る早さで結果をだし、知名度もあがっていった。