中国地方の強豪高

| 未分類 |

中国地方で有名なのは広島の広陵、岡山の関西、島根の開星、山口の宇部商といたところでしょうか。

広陵(広島)
2度のセンバツ制覇では平均以上の選手が揃って上位から下位まで打線にムラがなく、どこからも得点ができるソツのないチームという印象です。
監督の守りを重視して基礎を固めていくというチーム作りの成果と言われています。

関西(岡山)
OBにはスポーツ選手が多数で県内一の歴史を誇る伝統校です。
岡山県内で一番古い野球部だがなかなか広島勢に勝てない時期もありましたが、今では広陵との実力差はなく力がだんだんと備わってきている。

宇部商(山口県)
全国優勝はないが、名実ともに山口県を代表する名門校であります。
メリハリのある厳しい指導のもと現在のような甲子園常連チームに育てあげられてきたといっても過言ではありません。

鳥取西(鳥取県)
文武両面において県下有数の名門校であります。甲子園にはある程度の周期で出場していて守りを強化した手堅い野球をしています。春夏合わせて26回の出場がありながら甲子園での勝率は5割というのは初戦で負けない伝統校のプライドです。