近畿の強豪高

| 未分類 |

名門校がとにかく多いこの地方はどの高校も強いと聞いたことがあるチームばかりの激戦地区だと思います。

大阪でだけでも大阪桐蔭、PL学園、履正社と甲子園に出場すれば優勝候補としてあげられる高校ばかり。京都では平安、福知山成美、京都外大西、立命館宇治、滋賀では近江、八幡商、北大津、兵庫では報徳学園、神戸国際大付、育英、奈良では天理、智弁学園、和歌山では智弁和歌山、市和歌山商と名門校ばかりです。

大阪桐蔭(大阪)
高校野球激戦区の大阪でも有力選手がもっとも集まる高校となっています。OBには今中真二、西岡剛、辻内崇伸、中田翔とプロ野球で活躍する選手を多く輩出しています。

PL学園
高校野球を語るうえでこの名前がでないはずがありません。多くの名試合を残している強豪でOBには言わずと知れず清原和博、桑田真澄、立浪和義、松井稼頭夫、今岡誠、今江敏晃、サブローとあげてもきりがないくらいです。
野球のエリートたちが全国からたくさん集まる伝統ある強豪高です。

智弁和歌山(和歌山)
過去10年の実績では群を抜く野球エリート校で、エリート選手育成システムで注目すべき点は毎年入学する生徒の中から野球部員は10人と決めているところです。当然野球部員は毎年30人程度。その人数の方が目が行き届いて指導しやすいとのことです。