北信越の強豪高

| 未分類 |

北信越の特徴としては各県に突出したリーダー校が存在し他校を牽引している。
その中でも石川県全国レベルで他県の高校は甲子園出場を目指しているが石川県の金沢、遊学館は全国制覇を目指しています。

金沢(石川県)
好投手育成には北陸でも指折の強豪高で、派手さはないが堅実なチームという印象が強い。強豪私立ですが選手のほとんどが県内出身なので地元のファンも多い。
「やさしいことを丁寧に」をモットーに堅実かつ、真面目なプレーがすっかり板についているようです。

遊学館(石川県)
星陵中学の監督として実績のあった山本監督のもと全国から優秀な選手を集める体制ができていて、創部1年4ヶ月で甲子園出場を勝ち取った学校です。
山本先生の広い人脈で全国の中学指導者が実力のある選手を安心して遊学館に送り出しているといわれています。

福井商(福井県)
徹底した守備練習で守り勝つ野球をモットーとし、そのために投手の育成に力を入れています。雪の多い北陸でハンデもあるが冬場の練習には水泳トレーニングやジムでの筋力トレーニングを導入してスピードをパワーのある野球を目指している。
選手の自主性を重んじる指導を心がけているのも有名です。

日本文理(新潟県)
学校の教育方針があいさつやマナーなど基本的な生活習慣を重んじているので、野球部の実績とともに地元での評価は高い。県内では安定した力を発揮し、甲子園出場回数も増えてきた。