東京都の強豪高

| 未分類 |

加盟校が東西合わせて260校以上にのぼる東京都は数十校が切磋琢磨して甲子園出場を目指しています。

日大三
日大三高に集まってくる選手は素質に恵まれていて、首都圏でもトップクラスの選手で構成されている。強豪揃いの東京都で切磋琢磨していくことで選手の向上心が芽生えてより高いレベルの野球が行われています。
常に高い目標を持っているので、都会的なセンスに加え頭を使ったスマートな野球が特徴でまとまりが良い。

帝京
少しでも甲子園に出場しない年が続くと「帝京はどうした?」と周囲からささやかれるほどの甲子園常連校です。
サッカー部とグランドを分け合う時代もあったが今では野球部専用グランドがある。
投手を含め、一人で複数のポジションをまかなう方針で優秀な1年生、2年生が早くからレギュラーになることもあります。

早稲田実業
王貞治、荒木大輔、斉藤祐樹の母校としてあまりにも有名。
斉藤祐樹と田中将大のあの熱戦、そして全国制覇。その後のゆうちゃんフィーバーは続き、それとともに早稲田実業の実力も古豪復活といわんばかりについてきています。

関東第一
ここ数年で実力が発揮されている高校。学校は江戸川区だが千葉の白井市に野球部寮があり、有望選手はそこで生活をしながら日々練習に励んでいます。