南関東の強豪高

| 未分類 |

南関東は本当に激戦区ですね。
毎年との高校が代表になるか予想がたてづらいです。
学校数も多いので、有名な高校はたくさんあって、どこに入学するか決めるのはなかなか難しいかもしれませんね。

浦和学院 (埼玉県)
「全国大会に進出できるような運動部の育成」をモットーとし、学校をあげて運動部の強化育成を図っています。そのシンボル的存在の野球部は「心の通い合った全員野球」の精神で日々練習が行われています。
精神的な要素と気持ちの大切さを重視した指導をしています。

拓大紅陵 (千葉県)
好素材が集う県下有数の強豪高で丁寧なチーム作りに定評があります。
学校内では教頭という小枝監督の指導は多くの指導者たちのお手本になっている。OBにはプロ野球選手も多数います。

横浜 (神奈川)
全国の野球エリート憧れの強豪高。甲子園に出場すれば必ず優勝候補にあがってきます。松坂大輔や涌井秀章、多村仁などプロで活躍している選手を多く輩出しています。

桐光学園 (神奈川県)
強豪横浜の前に甲子園出場を逃してしまうこともあるが実力のある学校。野球部専用グランドがあるほど、県下有数の練習環境です。
スポーツ推薦枠で入ってくる選手の質は高い。