» 未分類のブログ記事

ダイエットを成功させ、下腹をスリムにしたいという人は、まず腹筋を強化する運動をするようにしましょう。下腹を小さくするには、運動をして体脂肪を燃焼させ、体を引き締めることです。運動によって新陳代謝が向上し、蓄えられた脂肪が燃えて体重が減っていきます。けれども、腹筋によ減量はしにくいようです。長い時間をかけて、毎日腹筋運動を継続することができれば、腹筋運動だけで下腹ダイエットをすることができるといいます。

 

下腹の出っぱりは、便秘に関係していることもあるといいます。中年以降になると老廃物が排出されずに体内に残りやすく、便秘がちになって下腹の出っぱりになることもあります。下腹が出ている原因が脂肪ではなく便秘なのだとすれば、エクササイズや運動でウエストは細くなったりはしません。腸のコンディションをよくするために、善玉菌や食物繊維を食事からどんどん補給するようにしましょう。

 

便秘をしない体になることで、下腹を細くすることが可能です。お通じをよくするために下剤を気軽に使う人がいますが、それはやめましょう。下腹を引っこめるために便秘を改善することは大事ですが、それだけでは一定値以上には細くなりません。よりダイエットを進めたいという場合は、下腹を鍛える腹筋運動を習慣にするといいと言われています。

 

 

 

 

 

下腹に脂肪が蓄積し胴体が太くなったことが、ダイエットの動機だという人がいます。40代にさしかかると、下腹の皮下脂肪が多すぎると感じる人は多いようです。下腹を引き締めるダイエット方法は、様々なものがあります。体重そのものは増えも減りもしていないのに、下腹が大きくなっていくという人もいるようです。下腹は、食事量自体は以前のままだったり、ダイエットのために摂生していることもあるのに、下腹はへこまないということもあります。

 

年をとると全身の筋肉が少なくなるため、中高年は太りやすくなるようです。腹筋は体の中でも減っていくスピードが早い筋肉であるため、40代に入ったころには下腹が出やすい体質になります。女性は男性ほど筋肉が多くないために、下腹に脂肪がつきやすいようです。体を動かさないことが、男性の肥満の理由のようです。

 

腹筋を使う運動を積極的にすることで、下腹は引き締められるとされています。時間のある時に腹筋運動をしてみましょう。目安は1日に合計30回程度がいいでしょう。腹筋30回をしても体が平気になってきたら、運動を多くしてみましょう。下腹ダイエットのために腹筋をするという方法のいいところは、専門的な器具などを必要とせず、いつでも開始できるところです。

 

 

 

 

 

下腹を細くしたいという目標を掲げてダイエットをする人は多いようです。主に中年の人はそんなふうに考えるようです。以前は下腹はスッキリしていたけれど、歳月を経るに従って徐々に下腹が出るようになり、いつの間にかポッコリ腹になってしまう場合もあります。人によっては、下腹の大きさは体重の増加に関係なくふえてきているということもあるようです。

 

下腹サイズが中年になると目立つのは、なぜでしょう。下腹が大きくなる理由は色々ありますが、筋肉量が減ることが主となる理由です。筋肉を維持する趣味のスポーツや、健康づくりなどのために運動をしている人なら、下腹は引き締め続けられます。若いうちはある程度の筋肉がついていますので、エネルギー代謝が活発な状態が維持されます。

 

40代になると代謝が低下するのは、運動をしない生活が長く続き、筋肉が減ってしまうことにあると言われています。エネルギーの消費効率が落ちて脂肪が燃焼しにくくなっているにも関わらず食事を減らさずにいると、脂肪が体内に蓄えられやすくなります。もしも、これまでは普通に着用していたズボンが入りにくくなったら、ダイエットを検討してみてください。下腹を引き締める効果があるというダイエットは様々なものがありますが、手頃な下腹ダイエットの方法としては腹筋運動がよく知られています。

 

 

 

椅子に座ったままでのストレッチの方法をご紹介しました。次は、床に座った状態でのストレッチ方法です。足を曲げた状態と、伸ばした状態の、2種類説明します。

 
・床に腰を落とします。
胡坐(あぐら)を掻くように膝を曲げます。重ね合わせず、足の裏同士を合わせます。ひざもなるべく床につけておきたいところです。
・上半身を倒します。
合わせた足を両手で持ち、そこにめがけて上半身を倒していきます。お腹はへこませます。お尻が上半身と一緒に持ち上がっていかないように確りと床に付けておきます。数秒その状態を保ち、ゆっくり元の状態に戻します。

次は、伸ばした状態です。

・足を伸ばして座ります。
腰を立たせて座ります。両足は揃えてまっすぐ伸ばします。この時、両腕は肩から力を抜いておろしておきます。

・両腕を、つまさきに向かって伸ばします。
肩から両腕に向けては力を入れずとも構いません。この時に意識するのは、足の、膝の裏が伸びているかどうかです。膝が曲がりそうになったらそこで止めてください。手をつま先まで伸ばすのではなく、膝の裏を伸ばすことが目的です。上半身もそこまで伸ばさずとも構いません。気持ち良いと思う程度までぎりぎり伸ばしたら、その状態で数秒止めてください。

・元に戻ります。
吐いていた息を吐ききったら、息を吸いながら元に戻ります。背筋を伸ばしたら、呼吸を整え、もう一度行います。

 

 

 

床に座って足を伸ばした状態のストレッチを紹介しましたが、これはお風呂の中でも有効です。温まった水の中でのことですから、部屋の中で行うストレッチよりも効き目があり、なおかつ浮力があるために負担も少ないままストレッチを行うことができます。ゆっくり湯船に入る時間ができたら、浴槽の中でのストレッチもぜひ行ってみてください。お風呂で行うのに良いストレッチを簡単にいくつか紹介いたします。

 
・姿勢をよくします。
浴槽の壁は、傾斜がついていることもあるでしょうが、まっすぐにはかわりないかと思います。押し付けるように背中を付けてみましょう。ふだん背中を曲げていることが多い人は、それだけで背筋が伸びて気持ちが良いと思います。この時に意識することは背筋(背中の筋肉、背骨)が伸びているかどうかです。

・片膝を抱えて、太ももからお尻にかけてを伸ばします。
座った状態でのストレッチでも紹介しました。背筋は伸ばして、片方の膝を胸の高さにまで持ち上げます。両手で支えます。お尻は確り座ったままです。まっすぐに座っていると、背筋も伸びますし、太ももの裏からお尻にかけてまっすぐ伸びる感覚が掴めるでしょう。

・背筋を伸ばします。
上体を倒して背筋を伸ばしてみましょう。
今度は両膝を同時に曲げます。膝に胸を押し付けるように状態を倒します。意識するのは背筋(背中)が伸びているかどうかです。

 

 

 

ストレッチについて

| 未分類 |

 

ストレッチの具体的な方法について説明します。

 
一番気を付けていただきたいのは、無理はしないことです。痛みを和らげるために行っているストレッチで、更に痛みを重ねていては元も子もありません。くれぐれも無理はせず、伸ばしていて気持ちがいいと思えるところで止めます。痛いことは繰り返したくなくなりますが、気持ちの良いことなら続けられるでしょう。最初は義務に思えていたことでも、自然と良い習慣として自身の中に根付いてくることでしょう。

 
それに加えて、ストレッチで腰痛を和らげることは、ほかの箇所の緩和にも役立ちます。すぐにわかるのは、肩こりでしょうか。ストレッチによって筋肉が柔らかくなると、体全体が伸び伸びとしてきます。血行もよくなり、顔色も良くなります。はつらつとしてきます。生き生きと毎日がしてくることでしょう。筋肉がついてくることで姿勢がよくなることも考えられます。ストレッチによって腰痛が軽減しただけではなく副産物的に良いことが生まれます。

 
そのためにも、なにより、ご自分に合ったストレッチ法を知ることが大切です。個々人によって合っているやり方、合わないやり方というものが出てくるはずです。いくつか試して、習慣化できそうなものを取り入れることが賢い選択と言えます。

 

 

 

沖縄県の強豪

| 未分類 |

基本的に足腰が強く、運動能力の高い選手の多い沖縄県勢は地元の声援も多いことも当然だが全国の熱い応援もあり毎年注目されています。

沖縄尚学
99年春に沖縄悲願の全国制覇を達成。そのさわやかな戦いぶりは優勝という結果とともにファンに好印象を与えた。沖縄尚学のモットーは「文武両道」でスポーツの成果も進学の成果も共にあげている学校です。

興南
沖縄勢が今のように全国的な強豪になる前から沖縄の野球をひっぱてきたリーダー校。その闘いぶりは甲子園ファンを惹きつけてやまない。

中部南
生涯スポーツ科によって積極的な部活動推進が活性剤となっている学校で、監督はもともと身体能力の高い選手を適正に見出しており、パワーやバネをつけるトレーニングを実践している。選手のパワーに応じたスイングで素振りをさせたり、独自の工夫が随所に見られます。

宜野座
21世紀適用第1号として初出場ながらベスト4に輝いた話題の学校。楽しそうに伸び伸びとプレーする選手の姿は多くのファンから好印象をもたれています。
地元での注目度が高野球部にたいする期待も大きいです。

沖縄水産
強い沖縄と印象づけた二度の準優勝をもたらした伝統校。近年甲子園出場が遠ざかってはいるものの出場すれば上位の常連であることには変わりなく地元から愛されるチームです。

 

 

 

九州の強豪高

| 未分類 |

新鋭校の躍進が一番盛んな地域で、各県の勢力図画毎年大きく変動します。
その中でも比較的安定しているのが熊本と鹿児島です。

熊本工(熊本県)
強豪ひしめく九州でも屈指の伝統校として君臨している学校。主なOBとしては川上哲治、吉原正喜、緒方耕一、荒木雅博とプロ野球で活躍した選手も多い。にも関わらずまだ全国制覇を成し遂げていないのが不思議です。それでも名門校として多くのファンに支えられ人気の高い高校です。

樟南(鹿児島県)
甲子園常連校だけに非常にレベルが高く、高度な技術やセンスが身についている。
レギュラー争いが壮絶な中、精神的にも強い選手が本番での勝負強さを発揮している。いずれ全国制覇する日も近いといわれるほどの実力です。

日南学園(宮崎県)
快速右腕・寺原投手の活躍で一躍全国区になった学校。選手は県内を含む九州全体からと関西からも集まってきているので積極的に県外からの受け入れもされています。

鹿児島実業(鹿児島県)
鹿児島に初めて優勝をもたらした名門校で、ここ十年は樟南と毎年甲子園出場争い絵お繰り広げています。甲子園での安定した強さにも定評があり、ファンも多い。

明豊 (大分県)
九州全体から野球少年が集まる中高一貫、有力校。楽しむ野球でいきなりベスト8という実績も作っています。グラウンドなどの設備はOBの城島選手がプロ野球選手になるためにこの学校を選んだというほど充実しています。

 

 

四国の強豪高

| 未分類 |

全国でもトップレベルの高校が各県でリードしているというのが四国地方の特徴です。

明徳義塾(高知県)
中高一貫教育で全寮制、野球に限らず全校的な傾向として県外からの生徒を多く受け入れています。高校からの入学者には関西ボーイズリーグ出身者が多く、県外からの優秀な選手を獲得してチームの強化をはかっている学校です。

尽誠学園 (香川県)
関西のボーイズリーグなどレベルの高い生徒が多く入学するようになってからチームのレベルが上がってきた学校です。実績を上げていくうちに「香川に尽誠学園あり」といわれるようになっていった。洗練された細やかな野球をする印象でパワーだけに頼らない機密な野球ができる。

鳴門工(徳島県)
市立の学校で、地域に根ざしている学校で地元では人気高です。100人前後の野球部員の団結もよく、チームには活気が溢れています。鳴門工の活躍は四国全体の高校野球に先鞭をつけるフロンティアとして期待も高まっています。

徳島商(徳島県)
県内屈指の古豪で鳴門工と常に競い合ってる状態です。基本に忠実な野球をモットーとしており、投手を中心とした守備の野球が印象的です。一球を大切にする指導がされています。

済美(愛媛県)
創部二年で全国制覇を成し遂げた注目高校。もともとは女子高であったが野球部の存在は共学の象徴とされ強化されていった。
当時は関係者の予想を上回る早さで結果をだし、知名度もあがっていった。

 

 

中国地方の強豪高

| 未分類 |

中国地方で有名なのは広島の広陵、岡山の関西、島根の開星、山口の宇部商といたところでしょうか。

広陵(広島)
2度のセンバツ制覇では平均以上の選手が揃って上位から下位まで打線にムラがなく、どこからも得点ができるソツのないチームという印象です。
監督の守りを重視して基礎を固めていくというチーム作りの成果と言われています。

関西(岡山)
OBにはスポーツ選手が多数で県内一の歴史を誇る伝統校です。
岡山県内で一番古い野球部だがなかなか広島勢に勝てない時期もありましたが、今では広陵との実力差はなく力がだんだんと備わってきている。

宇部商(山口県)
全国優勝はないが、名実ともに山口県を代表する名門校であります。
メリハリのある厳しい指導のもと現在のような甲子園常連チームに育てあげられてきたといっても過言ではありません。

鳥取西(鳥取県)
文武両面において県下有数の名門校であります。甲子園にはある程度の周期で出場していて守りを強化した手堅い野球をしています。春夏合わせて26回の出場がありながら甲子園での勝率は5割というのは初戦で負けない伝統校のプライドです。